2018年07月01日

ラグホでぷち復帰 ~夢と幻の夢幻登頂~

704.jpg
こんばんわ。めるです。
6月中頃からの6月末までのスーパー過密忙殺ウィークを乗り越えて、
どうにかラグホでぷち復帰しました。



701.jpg
久しぶりの七月G狩りは夢幻にみんなで行きました。

どうも課題になっていたのはセリア階のようでしたが、
さすが七月チーム。本気になったら不可能は無いよね。
セリア階も既に対策済み。

着々と最上階まで登るものの、最後は時間切れで登頂失敗。

708.jpg
ルキフル戦で水耐性が不十分で一人だけ倒れる。
私だ。これ。めるさんこれはケジメ案件。

~~~

ここからは私なりの所感なのですが、

支援ABの立ち位置について。

PTにおいて支援職は前に出るべきでは無い。
とゆうのは正しいのでしょうか。
私なりの解釈なのですが、
いにしえのMMOに伝わるJOB制度では、
タンク・ヒーラー・アタッカーのJOBがあり、

タンクは前面に立ち、攻撃を引きつける役目があります。
つまりPTメンバー全員の盾役。

そんなタンクも攻撃にさらされれば倒されるので、
タンクを支えるのがヒーラー。

タンクが引き連れている内に殲滅するのがアタッカー。


タンクが倒れれば、PTは盾を失い、非常にピンチになります。

MMOに敗北条件も勝利条件もありませんが、
あえて言うなれば、

・敵を殲滅できれば勝利条件を満たし、
・PTが全滅しなければ、敗北条件が満たされない。

タンクとヒーラーが重視しているのは後者であり、
つまり、ヒーラーが最も厚く支援しなければならない相手はタンク役。
とゆうのが私の持論なのです。

かつてまるちゃんがデタラメなタフネスで壁していた頃、
まるちゃん突破された後、全員木の葉のように舞散っていったのは覚えていると思います。


そんなわけで私のPT内での立ち位置は前衛の一歩下がった所。

703.jpg
前衛から

705.jpg
一歩

706.jpg
下がった所。

707.jpg
でも最後尾の指示があれば最後尾。

支援ABは緊急時の立て直しの役目もあるので、最後尾で立つのもやっぱり大事だと思います。
もう一つ付け加えるなら、前衛一歩下がった所で支援できるのも、
もう1人のバックアップ係のABさんが居てこそだという事も申し添えておきます。
それがりるちゃんABなら全く不安が無いというもの(*´ω`*)


今日の私の記事はガチ過ぎて気持ち悪い。


~~~

以下、小ネタ。

702.jpg
羽の衣装付けてないのになあ、こんなエフェクトあったっけ・・・?  あっ・・・。

698.jpg
ロックリッジの衛生面がピンチ。

699.jpg
チームブラックキャット。

posted by める at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください